2018年12月10日

ドメインをXREAからCORESERVERサーバーへ移転する方法とは?

ドメインをXREAからCORESERVERサーバーへ移転する方法とは?

下記サイトが参考になります。
うまくいきいますように!



XREAからCORESERVERへ独自ドメインを移転

バリュードメインで取得し
XREA+で運用していた独自ドメインのサイトを
CORESERVER(コアサーバー)のCore-miniプランへ
移転した時の手順。
(コアサーバーのアカウントは取得済み)


1. バリュードメインにログインし、
移転したいドメインのDNS「DNSレコードの変更/URL転送の変更」の
自動設定の欄でコアサーバーのサーバを指定し保存。
上手くいかない場合は手動でターゲット欄にIPアドレスを記入。

2. コアサーバーのドメインウェブ設定でドメイン情報を入力、
サーバにファイルアップロード。

3. XREA+のドメインウェブ設定で移転したドメイン情報を削除、
サーバにアップロードしていたファイルも削除。

これで終了です。
各手順の合間にサーバー側の設定待ち時間がありますが、それでも30分も掛からずに全行程が完了。

http://cute.sh/toshi/website/xrea-coremini.html
posted by 初心者 at 10:11| Comment(0) | xreaサーバー | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

Xreaサーバーでサブドメイを作成する方法

Xreaサーバーのことであれば

たいてい、過去に、誰かが

方法をアップしている。

ありがたいことだ。

今回は、

Xreaサーバーでサブドメイを作成する方法

ググってみると、

すぐに忘れる脳みそのためのメモ というHPにて解説されている。



XREA でサブドメインを設定

なので、

参考にしながら、手順の確認を行ってみる。

バリュードメインにログイン
②ログインした状態で、XREAの登録・管理・購入
③FTP で接続してディレクトの作成(test.○○○.com)
 FTP で接続し、public_html ディレクトリ以下にtest.○○○.comを作成
④ドメインの設定
 XREA の管理画面に戻り、管理メニューの「ドメインウェブ」をクリック。
⑤「ドメイン情報入力」において、空いている行に (Subのところ) に
 上記で作成したtest.○○○.comを入力し、「ドメイン設定」ボタンを押す。
 このとき、ドメイン設定を変更しました。ドメインの反映は1-5分程度掛かります。
 との表示。
⑥下記のような、index.htmlファイルを作成して、FTPでアップする

0a.jpg



テスト


テストです。



http://test.○○○.com が表示されるかどうか(有効か)確認する。

⑧ちゃんと、表示されました。


すぐに忘れる脳みそのためのメモ さま

ありがとうございました。




posted by 初心者 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | xreaサーバー | 更新情報をチェックする

独自ドメインにワードプレスをインストールする方法

3週間ぐらいかかりました。

でも、これで

かなり、ワードプレスのインストが理解できました。

たくさんのブログを参照しましたが、

一番、参考になったのは、

Refideaさんのブログ、

WordPressを用いてCoreServerでブログを始める方法 - part3 です。

ありがとうございました。



Xreaサーバーでアカウントを取得すると

通常は、○○○.s334.xrea.comのようなURLとなります。

バリューサーバーのマニュアルには
デフォルトでは、public_html直下にwordpressいう名称でワードプレスが
インストールされるようになります。

したがって、
ワードプレスへログインするURLは、たとえば
http://○○○.s334.xrea.com/wordpress/wp-login.php
となります。

このままだと、
作成したブログのURLは、http://○○○.s334.xrea.com/wordpress/です。

実は、私も勘違いしていましたが、
Xreaサーバーで独自ドメインを取得していれば、
自動的に、ワードプレスのURLも、独自ドメインで表示できると、

でも、これが間違っていたのです。

○○○.s334.xrea.com/wordpress/を、○○○.comという独自ドメインに
変更するには、それなりの手続きが必要なんです。

この手順が、詳しく解説されているのが、
先ほどの、WordPressを用いてCoreServerでブログを始める方法 - part3 です。

いろいろと試行錯誤して、ようやくわかったのですが、
簡潔にまとめると、

自分が取得した独自ドメインが○○○.comであれば、
このドメインの直下に、wordpressのホルダーをまるごと移動させればいいでのす。
これは、FTPでサーバにアクセスして、行うことができるのですが、
その前に、先ほどインストールしたワードプレスの管理画面で、
URLを変更しなければいけません。

http://○○○.s334.xrea.com/wordpress/wp-login.phpでログインして
管理画面の設定を開いて
開いた画面にある「WordPressのアドレス」と「サイトのアドレス」に変更を加えます。
このあたりは、Refideaさんのブログに詳しく記述されています。

つまり、

変更前
WordPressのアドレス:http://○○○.s334.xrea.com/wordpress/
サイトのアドレス:http://○○○.s334.xrea.com/

変更後
WordPressのアドレス:http://○○○.com/wordpress/
サイトのアドレス:http://○○○.com/

ええ、そんなことしても大丈夫って??思うかもしれませんが、
心配ありません。変更して保存をクリックすると、エラー表示となりますが
気にしないでください。

万が一、間違った操作をしたときは、インストしたWPを全部削除して
最初からやり直せばいいのですから‥
実際、私も10回近く、トライ&エラーでやりました。

次には、

自分が取得した独自ドメイン○○○.com直下に、
wordpressのホルダーをまるごと移動させます。

また、

そのフォルダに格納されている「index.php」と「.htaccess」を
自身のパソコンにコピーして、
index.phpをメモ帳等のテキストエディタで開き、最後の方に書かれている
「require(‘./wp-blog-header.php’);」
という記述を
「require(‘./wordpress/wp-blog-header.php’);」
に変更します。

これは、wordpressの本体を
○○○.com直下に移動させたからです。

つまり、wpにアクセスするには、
○○○.com/wordpressを指定しないといけないのです。

ここまで、大丈夫ですか???

あとは、実際に○○○.comを表示させて、ブログを見ることができれば完成!


ちょっと、わかりにくい説明になったかもしれませんが、
後日、もう少し、丁寧に、書き直します。

ちなみに、

サブドメインへのインストも同様です(確認済)



posted by 初心者 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ワードプレス | 更新情報をチェックする